写真を上手くなるためにしたらいい事

たまにどうしたら写真が上手くなるのかと聞かれることがあるので簡単にどうしたら上手くなるかを書こうと思います。

1.人と同じ方向を向かない

友達などと撮影に行くのはとても楽しい行為ですが、多くの人は皆同じ対象にレンズを向けます。それはそれで良いのですがたまには違う方向を向いてください。もしかしたらより良い光景を目にするかもしれません。人と違う物を見て撮影することで人と違う個性を磨きましょう。

2.一枚でも良いからとにかく毎日撮影

とにかく1枚でも良いので毎日撮影しましょう。常に鞄の中ではなく首からカメラをぶら下げて移動すれば毎日撮れます。継続して撮ることは大事です。

3.プロ機などのフルサイズではなく小さいカメラを使う

毎日撮るために小さいカメラを使いましょう。プロ機などの大きいフルサイズのカメラはいりません。毎日持ち歩くのには大きく重いカメラより小さく軽いカメラの方が良いです。

4.ストリートフォトで練習しよう

ストリートフォトにはいろいろな要素があります。ポートレート、風景や動きものなどいろいろなものが街にあります。直接やりたいジャンルの写真を撮るのも良いですが、ストリートで練習して写真の総合力を鍛えましょう。

最後に

以上のことがあれば写真はうまくなっていくと思います。とにかく毎日撮影してください。