ストリートフォトを撮るための4つのヒント

これからストリートフォトをはじめてみたいという人に向けていくつかヒントを書いていきます。

1.ちゃんとファインダーを覗く

写真を撮る時にファインダーを覗くのは当たり前のことだと思いますが、ストリートフォトでは意外と多くの人がノーファインダーで練習した方が良いと言います。ノーファインダーはカメラを見ないで撮るので人は気づきませんし、決して悪いことであるとは思いません。でもちゃんとファインダーを覗いて構えて撮ることによってしっかり被写体と対峙することができます。そして意外とちゃんと構えても人は撮られていることに気づきません。

2.目線を変えて撮る

ビルの上や水たまりを利用するなどしていつもと違う視点で写真を撮るようにしてみてください。そうするといつもと違う写真になります。

3.良いと思った被写体は何回も撮影する

1枚撮って去るのではなく良いと思った被写体に出会ったら何枚も撮りましょう。そうすることで撮った数枚の中の1枚から決定的瞬間がうまれます。

4.レンズは1本にする

何ミリのレンズでも大丈夫ですが、必ずそれ1本だけ持って出かけましょう。途中でレンズ交換をしている間にシャッターチャンスが逃げます

最後に

以上ことは基本的なことですが、とても大事なことなのでできるだけ実践していってください。