毎日どこに行く時もカメラは持ち歩こう

写真をはじめた時は多くの人つねにカメラを持ち歩いて写真を撮っていたと思います。それが、いつのまにか鞄の中に入って、撮影に行こうと思った時だけカメラを持ち出すようになると思います。上達には写真をはじめた時のように毎日持ち歩かなくてはいけません。ぼくの場合は歩く時も運転する時も常にカメラを首から下げています。

1.信号待ちで

車で運転しているとなかなか撮影することはできませんが、信号待ちで撮影したりします。そのためにはフォーカスと露出を瞬時に決めて撮影する必要があります。

2.誰かの運転中

人が運転する車などはずっと写真を撮っています。信号待ちより楽に撮影できますし、歩いている時と見方が変わるので良いと思います。

3とにかくどこに行くにも

一度外にでると何が起きるかわかりません。もちろん何もないかもしれません。それでも写真を上達させるために、良い写真を撮るためには毎日どこに行くにもカメラを持ち歩かなくてはいけません。必ず鞄の中ではなく首や肩などにかけて、それが無理なら小さいカメラをポケットに忍ばせて出かけましょう。